カマグラ通販の注意。誰も教えてくれない併用禁忌、使用禁忌

カマグラ通販の注意
あなたは薬を飲む時に、一緒に飲んではいけない薬、使用してはいけない条件について注目したことはありますか。

処方薬を医師から処方してもらう場合、医師が自分に最適な薬を選んでくれます。
そして薬剤師が薬の飲み方について説明してくれます。

通販で医薬品を買う場合、医師、薬剤師からのサポートはありません。
つまり、その薬を服用できるか全て自分で調べないといけないのです!

たくさんの情報を調べるのは大変ですよね。でも大丈夫。
この記事では、カマグラの併用禁忌と使用禁忌について解説します。
これからカマグラを飲む方は必見です。

カマグラの併用禁忌薬とは?

カマグラの一緒に服用してはいけない薬
カマグラの有効成分は「シルデナフィル」です。
この成分はもともと狭心症の薬として開発、研究されていました。

血管を拡張することで血圧を下げるため、硝酸剤などと併用すると2重に血圧を下げてしまい、めまい、ふらつきなどを引き起こします。

【カマグラゴールドの併用禁忌薬】
・ニトログリセン
・亜硝酸アミル
・硝酸イソソルビド
・ニコランジル
・塩酸アミオダロン
・リオシグアト

【カマグラゴールドの併用注意薬】
・チトクロームP450 3A4阻害薬
・チトクロームP450 3A4誘導薬
・降圧剤
・a遮断剤
・カルペリチド

カマグラの使用禁忌とは?

カマグラ服用NGの条件
使用禁忌とは、使用してはいけない条件のことを指します。
カマグラを服用しても効果がない、副作用を悪化させるだけでなく、命の危険に見舞われることもあります。

使用禁忌に該当している方の服用は厳禁です。
万が一服用してしまった場合は、ただちに投薬を中止しましょう。

【カマグラゴールドの使用禁忌】
・低血圧、高血圧
・網膜色素変性症
・心血管系障害
・併用禁忌薬投与中
・重度の肝機能障害
・シルデナフィルの過敏症
・脳梗塞、脳出血、心筋梗塞の既往歴が6ヶ月以内にある方

低血圧、高血圧

カマグラの血管拡張作用により血圧が低下します。
低血圧患者に使用すると必要以上に血圧が下がり、息切れや胸の痛み、めまい、動悸などを引き起こします。
低血圧で最大90mmHg未満、最小50mmHg未満の方は服用ができません。

高血圧の患者は、最大170mmHg以上、または最小100mmHg以上の血圧の場合、処方ができません。

高血圧患者は、血圧を下げる降圧剤を服用していることが多く、降圧剤と併用すると、血圧が下がり過ぎる危険性があります。
低血圧、高血圧いずれも薬で正常値に調整されていれば服用できます。

網膜色素変性症

網膜視細胞には、PDE6という酵素があります。
カマグラの有効成分シルデナフィルは、PDE5(勃起を邪魔する酵素)に対する阻害作用の約10分の1の効力でPDE6の活性を阻害することがわかっています。

これらの要因から網膜色素変性症を悪化させる危険性が懸念され、使用不可となっています。

心血管系障害

性行為を行なうと心拍数、血圧、心筋酸素消費量が高まります。
心血管症害がある方が性行為を行なうと、身体に対する負担が大きいためカマグラを服用は出来ません。

併用禁忌薬投与中

上に項目でも記載した硝酸剤系などの併用禁忌薬を服用している方は、使用ができません。

重度の肝機能障害

カマグラの有効成分シルデナフィルは主に肝臓で代謝されます。
肝臓に重度の障害がある方が使用すると、正常な代謝ができずに排泄が遅れます。

結果血漿中濃度が高くなり、体調を悪化させるため使用禁忌にあたります。

有効成分シルデナフィルの過敏症

カマグラの有効成分はシルデナフィルです。
シルデナフィルの過敏症患者に投与すると皮膚のかゆみ、目のかゆみ、発疹などのアレルギー症状が起こります。

脳梗塞、脳出血、心筋梗塞の既往歴が6ヶ月以内にある方

脳梗塞、脳出血、心筋梗塞の既往歴がある方は、血圧の変化に対して脳循環を一定に保つ自動調節機能が正常に働かない状態です。

カマグラは血管拡張作用によって血圧を低下させます。
その副作用により脳循環の低下に結びつく危険性があります。

既往症があってもカマグラを服用できるケース

カマグラを服用できるレアケースとは
使用禁忌にあたる疾病を発症していても、発症から経過年月によってカマグラの服用が可能なケースがあります。

しかしながら、病気が完治したからと自己判断でカマグラの服用を始めるのは危険です。

他の疾病を発症している可能性もあるため、カマグラの服用前には病院を受診し適切な検査を受けましょう。
有効成分「シルデナフィル」を配合する薬が使用可能か医師に確認をしてください。

【カマグラを服用できるケース】
・血液透析中の方
・心筋梗塞の発症後6ヶ月以上経過している方
・脳梗塞、脳出血の発症後6ヶ月以上経過している方
・不整脈の症状でアンカロン錠、アミオダロン塩酸塩を使用していない場合服用が可能。


PAGE TOP